ここちよい温熱環境づくり | 株式会社エヌテック|SE構法とパッシブデザインで安全と快適を追求する広島の注文住宅工務店

エヌテックは住まいの安全と快適を追求する広島の「科学する工務店」です

logo.pnglogo.png

concept_main.jpg

高断熱・高気密で、暑さ寒さをシャットアウトする ここちよい温熱環境づくり高断熱・高気密で、暑さ寒さをシャットアウトする ここちよい温熱環境づくり

想像を超えた快適な家

住まいづくりにおいて、優先順位が低くなりがちなのが温熱性能。でも実は、住み心地を最も左右するのが温熱性能なのです。
「真冬の朝6時に暖房を点けなくても寒くない家」「家のすみずみまでが同じ室温の家」あるいは「真夏の夜にエアコンなしでも心地よくに寝られる家」をあなたは想像できますか?
温熱環境を左右する要素について数値目標を決めて設計を行えば、このような住まいを実現できるのです。

断熱と気密の数値目標を定めることが基本

エヌテックが標準とする温熱性能は次のとおりです。
[冬期]もっとも室温が下がる午前6時の室温が18度以上であること。
[夏期]もっとも室温が上がる午後2時の室温が30度以下であること。
上記を実現するために、断熱と気密の性能を以下のように数値目標を定めて設計行います。

1)UA値目標値0.5以下(広島地域の基準は0.87)
UA値とは「外皮平均熱貫流率」のこと。住宅の内部から外部へ逃げる熱量を外皮全体で平均した値のことで、具体的には、壁、床、天井及び開口部などからの熱損失の合計を、外皮表面積で除した値となります。
値が小さいほど断熱性能が高いことを示します。

UA値

2)Q値1.4〜1.9(広島地域の基準は2.7)
Q値とは「熱損失係数」のこと。室内外の温度差が1℃の時に、建物全体から1時間に床面積1㎡あたりに逃げ出す熱量の値です。UA値と同じく、値が小さいほど断熱性能が高いことを示します。

Q値

3)ηA値目標値1.5以下(広島地域の基準は2.8)
ηA値とは「冷房期の平均日射熱取得率」のこと。冷房期(夏期)に住宅内に入る日射の割合を表し、数値が少ないほど、住宅内に入る日射が少ないことを表します。各部位から入る日射を合計し、外皮面積で割って求めます。

ηA値

4)C値 目標値1以下(高気密住宅基準2以下)
C値とは「隙間相当面積」のこと。住宅の気密性を表します。(単位はcm2/m2)
これは、床面積1平方メートルあたりにつき、どれくらいの隙間があるかということで、数値が小さいほど隙間がなく性能の良い住宅となります。住宅の気密性は、1棟ごとに実測します。

C値

シャノンウインドを標準にシャノンウインドを標準に

「OMソーラー」と「そよ風」「OMソーラー」と「そよ風」

シミュレーションイより最適な仕様を求める

エヌテックは「みなさまの想像を超えた」快適な温熱環境をつくることです。温熱性能の高い家の、実際の室温変化をご紹介します。

まずは、夏の温熱性能から。2013 年夏の温度変化の実測調査の結果です。施主様は共働きのため日中は留守にしており、全ての窓と雨戸を閉めているので、暑くても30℃付近までの温度上昇に抑えられてます。18 時頃帰宅し、窓を一斉に開けることにより室温が下がり扇風機だけで夜は過ごしています。寝室は北の窓からよく風が入り、夏の夜も寝心地良く快適だとの感想をいただきました。私たちからの暮らし方アドバイスを実践していただけた結果、自然の恩恵を最大限享受できる快適な住まいとなっています。

夏期の外気温と室温の変化

一方、下が冬の温熱性能です。グラフの青線が外の気温です。最低気温は10日20時の3.0℃。日中も7℃~10℃までしかありませんでした。
そのような中、1階の居間の温度を示すのがオレンジのグラフです。
夜は18時以降に2時間ほど暖房を使用するだけですが、断熱性能が高いため、明け方の最も冷え込む時間になっても15.5℃までしか下がらず、起床時に震え上がるようなことがありません。また、暖房を使わなくても、陽のあたる日中は18〜20℃前後の過ごしやすい室温に保たれます。
これが「想像を超えた快適な家」の一例です。

冬期の外気温と室温の変化

いかがでしょう? これが「みなさまの想像を超えた快適な温熱環境」の姿です。快適を「冷暖房機器の温度設定」ではなく、「建物の性能としてつくる」のがポイントなのです。

bnr_contact.pngbnr_contact.png

安全に快適に
全棟が認定長期優良住宅全棟が認定長期優良住宅
全棟が認定長期優良住宅全棟が認定長期優良住宅
地震に強い構造体の採用地震に強い構造体の採用
省エネルギーで暮らす省エネルギーで暮らす
ここちよい温熱環境づくりここちよい温熱環境づくり
きれいな空気質づくりきれいな空気質づくり
光と風のパッシブデザイン光と風のパッシブデザイン

bnr_zeroene.gifbnr_zeroene.gif

bnr_anshin.pngbnr_anshin.png

bnr_kunugi.pngbnr_kunugi.png

bnr_ginger.pngbnr_ginger.png





エヌテックのfacebookページエヌテックのfacebookページ

bnr_se.pngbnr_se.png

Forward to 1985 energy lifeForward to 1985 energy life