宮島を望む高台の家(Mさま邸・廿日市市)

施工事例のご紹介
宮島を望む高台の家

06-01.jpg

「実は、エヌテックは結婚する前から知っていたんです」とおっしゃるMさま。
お仕事柄(ご主人は理科の先生)、自然の力を利用するパッシブデザインには
大いに興味を感じられていたそうです。

06-02.jpg

本格的に住まいづくりを考えるようになって、改めて資料請求を。
「エネルギーをたくさん使って快適環境をつくるのではなく、
エネルギーを使わないパッシブデザインで快適を獲得し、
かつ省エネにするという考えが理にかなっていると感じました」

06-03.jpg

資料請求ののち、「直接『家をつくりたいんです』と訪問しました」とおっしゃるMさま。
その場で色々と話を聞いて、後日に見学会に参加したという流れだったそうです。
完成・構造見学会、それにOB宅訪問で計4回参加されたとのことでした。

06-04.jpg

住まいづくりにあたっての要望は「光冷暖の導入だけです」というご主人。
実際、プランについては、ほとんど初回プランのままで完成しました。

06-05.jpg

ただし、ひとつだけ実現が難しかった希望が。
「本当は、フルサイズの卓球台をおきたかったのですが、さすがに無理でしたね(笑)」

06-06.jpg

このお宅は二世帯住宅でもあります。
「二世帯は分離型ではなく、共用型をエヌテックさんに提案されました。
見学会に来場している私たち親子の姿をみて、エヌテックさんがそう判断されたそうです」

06-07.jpg

結果的には、親子間の変な隔たりができず、逆に気をつかわないため、
とてもよかったとのご感想です。
「L型で緩やかにふたつの世帯を区切る考え方も、私たちにはちょうどいい感じです」と、奥様。

06-08.jpg

パッシブデザインと光冷暖システムの組み合わせは、本当に快適だそうです。
「当初はほんとに快適になるの? と思いながらスタートしたのですが、
実際に住んでみると、外の暑さが何かわからないぐらい快適。避暑地にいるみたいです」

06-09.jpg

取材は11月の後半。晩秋の陽光がリビング一杯に射し込みます。
また、Q値=1.72W/㎡ Kの断熱性能は、日射の暖かさを確実に保ってくれます。

06-10.jpg

エヌテックの良いところは「数字で評価するところ」とおっしゃるMさま。
「客観的な事実とデータを出して科学的に検証し、
『だからいいですよ』と言ってもらえるのが信頼につながりました」

06-11.jpg

そのため、SE構法の採用については「エヌテックが必要と考えているなら必要だろう」と、
お任せだったそうです。
「何も言わなくても、自分たちが思っている以上の家をつくってくれるだろうと思っていました」

06-12.jpg

お庭づくりはこれからとのことですが、広い敷地を生かした気持ちのいい空間ができそうです。
縁側も重宝しそうですね。

06-13.jpg

大きな軒が印象的です。
夏季の日射を遮蔽し、室内に熱い陽射しを入れません。

06-14.jpg

「この家を知ったら、みんなエヌテックさんで家を建てたくなると思いますよ」
と、最高の褒め言葉を奥様からいただきました。

06-15.jpg

「『科学的な理論と実践をうまく融合させていいものを作る』というエヌテックさんの姿勢は、
教育に関わる自分としても大変参考になります。見習わないといけない部分ですね」

それは、ちょっと褒めすぎです、ご主人…。

event2.pngevent2.png

施工事例一覧施工事例一覧

bnr_contact.pngbnr_contact.png