NTECPASSIVE DESIGN

Company会社概要

商号
株式会社エヌテック
代表取締役
野坂 和志
1級建築士、1級施工管理技士、宅地建物取引主任資格者
所在地
〒733-0007 広島市西区大宮2丁目13-7
電話番号
082-509-5771
FAX番号
082-509-5772
メールアドレス
資本金
500万円
設立
平成8年4月9日
事業内容
住宅の新築・リフォーム
建設業
許可番号 建設業許可 広島県知事許可(般-23)28383号
事務所
登録番号一級建築士事務所 広島県知事登録11(1)第3633号
加盟団体
(財)住宅保証機構(業者登録番号 10027939)
あんしん保証、 広島県工務店協会、 全建連、つくり手の会
従業員数
10名(一級建築士1名、二級建築士7名)
協力会社
あおぞらビジネスサポート、山田さをり司法書士事務所、
直江土地家屋調査士事務所、畑田土地家屋調査士事務所
営業日時
お盆・正月以外は毎日営業(朝9時から)
主な取引銀行
広島信用金庫 広島銀行 もみじ銀行 広島県信用組合

History沿革

1996年
有限会社エヌテック住建設立
1999年
OMソーラー協会に加盟(空気集熱式床暖房システム)
2004年
OMソーラー優良品質管理工務店として全国1位を獲得
同優良品質管理者としても全国1位として代表野坂が個人表彰
SE構法の登録施工店に加盟
2005年
OMソーラー優良品質管理工務店として表彰
2007年
OMソーラー優良品質管理工務店+優良品質管理者として表彰
社名を株式会社エヌテックに変更
2008年
広島の工務店がつくる木の家
広島県で初のシャノンサッシ(樹脂サッシ)導入 
『広島の工務店がつくる木の家』出版
「超長期住宅先導的モデル事業」による住宅を建築
2009年
OMソーラー協会退会
「そよ風」(空気集熱式床暖房システム)に取り組む
「パッシブデザイン」に本格的に取り組む
「超長期住宅先導的モデル事業」による住宅を建築
2010年
PASSIVE DESIGN
「長期優良住宅先導事業」による住宅を建築
『PASSIVE DESIGN』(パッシブデザイン)出版
2011年
工務店仲間と共同提案の「ki-bako」が「グッドデザイン賞」を受賞
2012年
SE構法「重量木骨の家」のプレミアムパートナー工務店に登録
「快適」と「省エネ」に特化
「地域型住宅ブランド化事業」による住宅を建築
省エネ運動「1985運動」の地域アドバイザー拠点登録
「広島におけるゼロ・エネルギー住宅」の提案・建築
メンテナンス・リフォーム・リノベーション事業部「住宅再生工房」を新設
2013年
パッシブデザインコンペ2013
広島県工務店協会に加盟(協会理事に就任)
「地域型住宅ブランド化事業」による住宅を建築
快適を追求、光による冷暖房設備に取り組む
「ギャラリー櫟(くぬぎ)」OPEN(光冷暖設備導入)
「パッシブデザインコンペ2013」優秀賞を受賞
「広島県住まいづくりコンクール」優秀賞を受賞
2014年
「重量木骨の家」のプレミアムパートナー工務店の有志が取り組む「つくり手の会」に加盟
「地域型住宅ブランド化事業」による住宅を建築
2015年
広島県で初めて「防火地域に建つ木造3階建て住宅」(日本木造住宅産業協会仕様)を建築
「クラフトウォーター」「クラフトバブルスパ」の販売を開始
「モダンリビングMLWELCOME vol.1」にゼロエネハウスが掲載
2016年
「地域型住宅グリーン化事業」による住宅を建築
2017年
全国リフォームアイデアコンテスト2017グランプリを受賞
「地域型住宅グリーン化事業」による住宅を建築
設計谷口の自邸「まゆの蔵」が全国リフォームアイデアコンテスト2017グランプリを受賞
「別冊住まいの設計 満足度120%の家づくり」をつくり手の会で出版
2018年
「地域型住宅グリーン化事業」による住宅を建築

Accessアクセス

株式会社エヌテック

〒733-0007 広島市西区大宮2丁目13-7
TEL 082-509-5771 FAX 082-509-5772
営業時間 9:00〜18:00

横川駅方面からお越しの方

国道54号線を北上(可部方面)します。
左手にドラッグストア「ウォンツ」を過ぎて、3つ目の信号(大芝2丁目)を左折します。
一つ目の路地を過ぎ、すぐ右手のマンション1Fです。

可部方面からお越しの方

国道54号線を南下(横川駅方面)します。
祇園大橋を過ぎ、左手にセブンイレブンがある3つ目の信号(大芝2丁目)を右折します。
一つ目の路地を過ぎ、すぐ右手のマンション1Fです。

JRでお越しの方

JR横川駅より徒歩20分

エヌテックの基本となるコンセプト「パッシブデザイン」「SE構法・耐震構法」「快適で豊かな暮らしの設計」について説明します。