NTECPASSIVE DESIGN

Staff Blogスタッフブログ

北ドイツ ハンブルクの世界遺産

第4,231回 設計の渡辺です。

今回は、ドイツ北西部の都市ハンブルグの世界遺産をご紹介します。
ハンブルクの倉庫街(シュパイヒャーシュタット)です。
2015年に「ハンブルクの倉庫街とチリハウスを含む商館街」として、登録されています。

ネオゴシック様式のレンガ造りの建物群は、細い路地や橋により繋がっていて、世界最大級の倉庫群と言われています。
現在も、一部は倉庫として、他の部分はオフィスや店舗として利用されています。
運河沿いにずらっと立ち並ぶ赤レンガの街並みは、迫力があり、圧巻でした。


想像していたよりもこの倉庫街は、規模がとても大きく、様々な国から多くの人や文化が入り、行き来があり、賑わっていたのだろうと思います。
ドイツが栄え、発展していくための重要な場所だったのだと感じさせられました。

ただこの日…、ヨーロッパに熱波が来ていた影響で気温が38度以上になっていました。
街歩きをしていても、暑すぎて、外にはいられない…という状況でした。
ホテルにはエアコンがなく、かなり厳しいドイツ滞在となりました。
次に訪れる時は、少し良い気候の時にゆっくりと回って、見学したいと思います。

Category /

私たちの最大のミッションは、「お客様に幸せになっていただくこと。」

エヌテックの家づくりへのりをお届け。気になる技術・仕様などをより深く掘り下げます。