NTECPASSIVE DESIGN

Staff Blogスタッフブログ

大分出張(大分県立美術館)

第4,269回 設計部の大津です。

10月29日(火)30日(水)で、大分出張へ谷口・神田・大津の3人で行ってきました。
メインの目的は29日(火)のつくり手の会、大分視察ツアーへの参加です。
30日(水)は、大分県立美術館や長湯温泉へ行き、建物の見学をしました。

この回は、大分県立美術館の紹介をしたいと思います。

大分県立美術館の外観です。
1階から2階まである大きな窓は、デザインとして全面ガラスばりにしているのかと思ったら
実は写真に写っている面すべてが開くようになっているそうです。

外観の写真に写っていた木の部分を中から見た写真です。

大分県立美術館は本体工事から周りの植栽や造園の工事も含めて、約2年間かけて作られた建物です。
その様子がまとめられた映像を、情報コーナーで見ることができ普段見ることのできない工事の様子が見れました。

大分県立美術館へ行き、外壁部分がガラス張りになっている美術館はあまり見たことがなかったので驚きました。
さらにガラスばりなので外から中の様子が見えるため、施設内に入りやすい印象を受けました。

また、訪れてみたい施設だと感じました。
皆さんも大分へ行った際は、大分県立美術館へ足を運んでみてください。

 

 

Category /

私たちの最大のミッションは、「お客様に幸せになっていただくこと。」

エヌテックの家づくりへのりをお届け。気になる技術・仕様などをより深く掘り下げます。