NTECPASSIVE DESIGN

Staff Blogスタッフブログ

エヌテックの構造に対する考え方⑨

第4,575回、エヌテックブログ担当の野坂です。

「震度7」でも絶対に大丈夫はウソ!

前回はマグニチュードについて少しだけお話をしました。
「マグニチュード」とは地震の大きさ(規模)のこと。
ちなみに「震度」とはその場所での揺れの大きさのこと。


今回は震度についてです。
日本での震度階級は10階級に分かれています。
震度0」「震度1」「震度2」「震度3」「震度4」「震度5弱」「震度5強」
震度6弱」「震度6強」「震度7」の10階級
(日本を含め数カ国を除いてほとんどの国は12階級)
震度7より上の階級はありません。
震度7は最大の揺れということです。

未曾有の巨大地震(震源が浅く、マグニチュードが9を超える)が起き、
ほとんどの家屋が倒壊や全壊の被害を受けた場合でも
震度は7となるわけです。

「震度7」でも絶対に大丈夫はウソ!?

ですよね。

(次回に続きます)

Category /

Archive

私たちの最大のミッションは、「お客様に幸せになっていただくこと。」

エヌテックの家づくりへのりをお届け。気になる技術・仕様などをより深く掘り下げます。