NTECPASSIVE DESIGN

Staff Blogスタッフブログ

洗面カウンター

第4,608回 設計の渡辺です。

洗面カウンター周りの収納量をどのくらいにするか?お悩みポイントの一つかもしれません。
先日、お引き渡しをしたT様邸の洗面カウンターを例にとって、考えてみたいと思います。
こちらが、造作洗面カウンター↓

お施主様のご要望やライフスタイルを調べると…
・髪を濡らしたりするので、大きな洗面器がいい。
・空間を広く見せたい。
・洗濯コーナーとしても使用するので、それなりの収納が必要。
・玄関から2階リビングに上がるとき、洗面コーナーが見えるので工夫が必要。
などなど、検討材料が見えてきました。

こうした情報を基に、洗面カウンターの設計をしました。
・水撥ねする可能性があるので、カウンター天板は、アイカのポストフォームカウンターにした。
→水で拭きとりやすい、化粧品などの汚れも落ちやすい。
・全面鏡にすることで、空間を広く見えるようにした。
・洗濯洗剤やバケツなどの大きく場所を取るものも収納できるように、カウンター下部・横に扉収納、
引出しを設けることにした。

この洗面カウンターなら、急な客が来ても安心!
すぐに綺麗にできますし、収納力が高いので、使わないものは閉まっておけるので、いつもすっきりした空間を保てます。

コロナ渦の昨今では、家に入ったらまず手洗いうがいは必須で、家族以外の方も洗面所を使う機会が増えています。
いつでもすっきりできる、気持ちの良い洗面コーナーのカタチを、ぜひ見つけて下さい。

Category /

Archive

私たちの最大のミッションは、「お客様に幸せになっていただくこと。」

エヌテックの家づくりへのりをお届け。気になる技術・仕様などをより深く掘り下げます。