NTECPASSIVE DESIGN

Staff Blogスタッフブログ

畳のある生活

第4,616回 設計の渡辺です。

家のプランを検討する際、和室を設けるかどうか、迷われる方もおられると思います。
私たちの生活も椅子やソファの生活になってきて、和室を作っても有効に活用されていないケースもありますが…
それでもやはり日本人の私たち、ちょっとくつろぐときに床でごろごろして過ごしたい!
畳の風合いを少し取り入れたい!という方もおられるのではないでしょうか。

そういう時には、和室ほど本格的な部屋にするのではなく、
リビングの一角に設ける「畳コーナー」という選択も出来るかもしれません。

例えば、こんなケース↓

ダイニング横に3畳ほどの畳コーナーを設けています。
足を降ろせるカウンターも設け、読書をしたり、家族のPCコーナーとしても使用しながら、
お昼寝コーナーとしても活用できます。
小さな空間ですが、ごろごろするのにはちょうど良いサイズですね。


↑こちらは、リビング横に設けた2畳ほどの畳コーナー。
先ほどと同様、PCコーナーとしても使用しています。
キッチンとの間に壁を設けているので、隠れ家的にここでお昼寝をしたり、おむつを替えたりと活用できますし、
奥が洗濯コーナーなので、乾いた洗濯物をこの畳コーナーでたたんだりという事もできます。


↑このケースでは、リビングを小上がりの畳コーナーにしています。
畳でごろごろしたり、ローソファでくつろいだり。
夕飯後にゆったりくつろぐには、とってもいい場所ですね。
小上がりになっているので、空間に変化をつける意味でも、この畳コーナーが一役買ってくれています。

和室の文化はなくなりつつありますが、
現代の私たちの生活に合わせた畳生活も、なかなか良いものです。
お客様のご希望に併せて、エヌテックならではのご提案をしていきます。

Category /

Archive

私たちの最大のミッションは、「お客様に幸せになっていただくこと。」

エヌテックの家づくりへのりをお届け。気になる技術・仕様などをより深く掘り下げます。