NTECPASSIVE DESIGN

Staff Blogスタッフブログ

便所タンクの水量調整。

第4,691回 リフォーム・メンテナンス担当の佛崎(ぶつざき)です。

タンクのレバーをしっかり上げても、水量が足らず流れにくくなることがあります。

古い便器のタンク内は、至ってシンプルな部品構成となっているので、
仕組みさえわかれば、誰でも調整が出来ます!

洗浄排水の際、タンクレバーと連動して持ち上がるタンク底の黒い蓋がしっかり開いていません。
そんなときは、レバーと黒い蓋をつなぐ「ボールチェーン」を調整してあげるだけで改善できます。
写真のボールチェーンは、余丁があるためたるんでいます。
これを水がない状態で底の黒い蓋が持ち上がらない程度に縮めます。

作業時には、必ず給水管についている止水栓を締め、タンク内の水を一旦抜くと作業がしやすいです。
また、タンクに手洗いが付いている場合は、
給水ホースがつながっているため、無理に引っ張らず、外してから行いましょう。

 

Category /

Archive

私たちの最大のミッションは、「お客様に幸せになっていただくこと。」

エヌテックの家づくりへのりをお届け。気になる技術・仕様などをより深く掘り下げます。