NTECPASSIVE DESIGN

Staff Blogスタッフブログ

キャットウォーク

第5,080回 設計部の大津です。

今回は人が歩けるキャットウォークを採用したお住まいを2件紹介します。
キャットウォークは「猫の通り道」という由来がありますが、幅を確保し、支えの梁を設ける事で人が乗っても安心して通れる道になります。
また、キャットウォークを設ける事で高い所に設置した窓の開け閉めや掃除などが出来るようになります。

こちらは今年(2021年)8月にお引き渡しをした東広島市西条町のお住まいです。
引違窓を吹き抜けに設けましたが、キャットウォークを設置する事でカーテンや窓の開閉が出来ます。

また、木の色には白みと赤みがあります。
施工時に木の色を見て、バランスよく大工さんが組み合わせて下さいました。

こちらは昨年(2020年)11月にお引き渡しをした東広島市黒瀬町のお住まいです。
緑のカーテンがある部屋からバルコニーへ出入りする窓を設けましたが、キャットウォークからも出入りが出来るようにしました。

こちらも木の色に注目してみると手前の赤みの部分は繋がったような組み合わせになっています。
幅広の木材を使う時には一枚の板を切って造る為、模様がバラバラにならないよう注意しています。

木には年輪と呼ばれる層がありますが全く同じ表情をしている木は無いので、現場に届いた木の表情や色合いを確認して、造作するセンスある大工さん達を見て憧れています。
そして、今回の写真も大工さん達の丁寧な作業がよく伝わる写真だな思いました。

Category /

Archive

私たちの最大のミッションは、「お客様に幸せになっていただくこと。」

エヌテックの家づくりへのりをお届け。気になる技術・仕様などをより深く掘り下げます。