NTECPASSIVE DESIGN

Staff Blogスタッフブログ

場をつくるのは部屋ではなく行為である。

建築家、若原一貴さんの著書「小さな家を建てる。豊かな住まいをつくる60のヒント」。
建坪10坪前後でも家の小ささを感じさせないような設計手法、小さい家ならではの暮らしの工夫、小さい家だからこそのメリットも紹介されています。
ひとつひとつ丁寧につくられた建物、オーナー家族の豊かな暮らし、そして建築家の人間味がにじみ出るような良本でした。

本の中では、小さくても暮らせる工夫として、「茶の間」の良さを例に挙げられています。
先日広島でセミナーがあった建築家・谷尻誠さんも同じようなことを言っていました。
リビングやダイニングなど空間の名称が、生活者の行為を限定するものではなく、あくまでその場所での行為が、居間や食堂と呼ばれるような「場」をつくっている。

若原さんや谷尻さんの言葉から、生活者が希望する部屋の数と大きさを決め、与えられた敷地の中でパズルのように組み合わせていくことでプランをつくる方法では起こり得ない、本当に豊かな暮らしを実現するための設計手法として、発想の転換がとても重要だと感じました。

Category /

私たちの最大のミッションは、「お客様に幸せになっていただくこと。」

エヌテックの家づくりへのりをお届け。気になる技術・仕様などをより深く掘り下げます。