NTECPASSIVE DESIGN

Staff Blogスタッフブログ

海外の省エネ生活から学ぶ。

第4,239回 設計の渡辺です。

ヨーロッパに行くと、日本よりもエネルギーを使用しない工夫を目にします。
お店に行っても、みんなエコバックを使っていたり、飲み物、食べ物の包装が紙だったり、リサイクル可能なものであったり…
「環境に良い暮らし方」が、多くの人の間にも浸透しているように感じます。

さらに、建物に対しても省エネを意識しています。
例えば…開口部には、外部ルーバーが取り付けられ、日射を遮り、室内の温度を上昇させないようにしています。

集合住宅でも、サンシェードを付けて、日射をコントロールしています。

ドイツの気候の特性上、冬が厳しく、夏は涼しいことが多いそうです。
そのため、3層ガラスの建具などを採用し、開口部からの熱の影響を少なくし、
暖房の効きを良くし、暑い空気を入れないようにしています。
そして、ルーバーやサンシェードを付け、室内が快適になるように日差しをコントロールしていきます。

いくら性能がいい家が建てられても、それだけで快適になるわけではなく、
そこに住む人が、省エネをどれくらい意識して生活するか?というのが、大切だと感じます。

エヌテックで建てる住宅は、お客様が出来るだけ快適に暮らせるように、
エネルギーを少なく生活できるように設計されています。
さらに、そこに住まわれるお客様が、お家の性能をきちんと発揮できるような生活をして頂くと、
本当の意味で省エネで快適な家になっていきます。

エヌテックでは、これからもパッシブデザインを意識した、快適に暮らせる住宅と暮らし方をご提案していきます。

Category /

私たちの最大のミッションは、「お客様に幸せになっていただくこと。」

エヌテックの家づくりへのりをお届け。気になる技術・仕様などをより深く掘り下げます。