NTECPASSIVE DESIGN

Staff Blogスタッフブログ

阪神淡路大震災から25年。

第4,348回 設計の渡辺です。

いつ起きるか分からない災害に備えて、皆さんは日ごろの備えをされているでしょうか?

今日で、阪神淡路大震災から25年が経ちました。
私は当時小学校に上がる前でしたが、朝のニュースで、大変な状況にある神戸の町を見た記憶があり、
父の会社の本社が神戸にあったので、両親もとても心配していたという記憶があります。
後日聞いた話では、事務所の入っていたビルは座屈し、事務所の机が天井に刺さっていたそうです。
かなりの衝撃を受けたと言っていました。
実際に被害に遭われた方にとっては、今でもつらい経験だと思います。


(写真提供:神戸市)

最近は、地震だけに限らず災害が増えているので、いざという時に出来る限りの行動を取ったり、
身の安全を守れるように、日ごろの備えをして教訓を学んでいきたいものです。
私も、避難場所、食料の備蓄や水の管理など、改めて確認したいと思います。

また、住宅がシェルターとしての役割を果たすかどうかも、考える必要のある部分です。
エヌテックでは、新築住宅は「全棟耐震等級3」をクリアすることを条件としています。
なぜそうした住宅づくりが必要か、毎月開催されているハツイエセミナーにぜひご参加いただき、
将来の災害に備えて頂ければと思います。

Category /

Archive

私たちの最大のミッションは、「お客様に幸せになっていただくこと。」

エヌテックの家づくりへのりをお届け。気になる技術・仕様などをより深く掘り下げます。